減価

【概要】

減価パターンは、「時間と共に価値が減っていく」という自然界の法則をマネーに適用する。マネーを持ち続けると価値が減るので早く使ってしまおうと考えるようになり、結果マネーの流通量が増大する。「減価する貨幣」として思想家シルビオ・ゲゼルにより提唱され、その経済効果は(ヴェルグルの労働証明書](/事例集/ヴェルグルの労働証明書)で世に示された。「老化する貨幣」「マイナス利子」と表現されることもある。

【期待できる効果】

減価パターンを適用すると、マネーの蓄財性が失われ流通が促進される。

【考慮すべきポイント】

マネーで交換できる商品・サービスが限られている状況下では、マネーを使いたくても使えないというジレンマに陥る可能性がある。県や地方レベルの広域性と衣食住その他生活が賄えるくらいの経済規模の中では機能するだろう。商品・サービスが限られている小さいコミュニティ内でのマネーには適用しない方がいい。

【まとめ】

【関連パターン】