エンデの遺言

1999年にNHKのBS1で放送された『エンデの遺言 ~根源からお金を問う~』は、2000年代前半に日本の地域通貨ブームを巻き起こしました。

児童文学作品「モモ」(時間貯蓄銀行に奪われた人々の時間と余裕を不思議な力を持つ少女モモが取り戻すというストーリー)を描いたミヒャエル・エンデはお金の研究家でもあり、お金の本質を問うドキュメンタリー番組を制作するために行ったインタビューを収録後亡くなってしまいました。日本人へ向けた遺言となったのインタビューを元に映像化したものが「エンデの遺言」です。

映像なので理解しやすく、地域通貨の導入におすすめです。

キーワード

  • 思想家 シルビオゲゼル
  • ヴェルグルの地域貨幣(1933年オーストリア チロル地方 ヴェルグル)
  • イサカアワー(アメリカ ニューヨーク州 イサカ)
  • デーマーク(ドイツ ザクセン=アンハルト州 ハレ)
  • ヴィア銀行(スイス バーゼル=シュタット準州 バーゼル他6支店)

エンデの遺言 1/6

エンデの遺言 2/6

エンデの遺言 3/6

エンデの遺言 4/6

エンデの遺言 5/6

エンデの遺言 6/6

書き起こし

エンデの遺言 ~根源からお金を問う~ | Anti-Rothchild Alliance 資料室
http://rothschild.ehoh.net/material/animation_03.html